3月11日テーマ:『幸せな職場の経営学』の読書会②

コロナ禍で時代の変化が加速しているものの、組織を変えることの難しさばかりが山積してモヤモヤしていませんか?そんな方はぜひこの本を読んでみてください。私はこの本を読んで、これまでのD&Iや働き方改革の取り組みと、これから目指す組織や個人のあり方がスーッとつながったような気がしました。今後の人事のビジョンを描くためのヒントや現場にどう落とし込んでいけばいいかのヒントがたくさん詰まっています。そこで今回のD-Caféは『幸せな職場の経営学』という本を読んでこれからの組織のあり方や個人のあり方について意見交換しましょう!

幸せな職場の経営学

著者/前野隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授、ウェルビーイングリサーチセンター長「ホワイト企業大賞」企画委員

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL