5月レポート『SDGsの取り組み&女性活躍推進のゆくえ』

テーマ:『SDGsの取り組み&女性活躍推進のゆくえ』

幸せな組織を作るうえで(ある意味)地球規模でのSDGsも意識した時にどういう事が考えられるか、3人の事例発表をもとに意見交換したい。

発表1:㈱安川電機 多様性推進課 課長代理 山崎美和様

    まず最初にSDGsの目的や世界の状況についてご説明いただきました。

    その後、安川電機の中期計画、サステビリティの課題・目標設定、人財育成に置いてSDGsのジェンダーを組み入れD&I推進、YDX(安川電機DX)の推進について発表いただきました。

【Q&A】 

・SDGsへの社員の意識はどうか?

・人材育成とどう結び付けているのか?

・非財務の取り組みでKPIを以下に見えやすくするかが難しいと思うが「働き甲斐」「女性管理職」以外で考えているところがあれば教えて欲しい。

などの質問に答えていただきました。

発表2:㈱ダイセル サスティナブル経営推進室 ダイバーシティ担当部長 浅井様

ダイバーシティープロジェクトウェルビー 専任3名、全社有志(手上げ)26名でプロジェクトを推進。各拠点が自主的にキャリア研修(自分を知ること)、同窓会など、多方面から攻め

    SDGsの取り組みはSDGs項目ごとに注力する課題~活動を一覧表化

    SDGsアンバサダー活動(SDGsの全社浸透、自ら動く人を認める)

    学びの場、事例共有、目標への取り組み、交流の場、SDGsシール(自分に関係

ある分野のシールを名札や名刺に貼る)個人の活動へも着手。

手上げ式で初年度50名⇒100名に増。

【Q&A】

・学びの場の募集はどうしているか

・男性上司の勉強会は最初から積極的にできたか、作戦は?

・実務との工数調整はどうか、評価はどうしているのか? 

など多数質問が出ていました。

   

発表:3 メディアアート生活 榊みや子

・10代20代から見たSDGs

・ソーシャルフェス….SDGsをフェスの中で考え取り組んでみよう

   サイレント、クウォンタムマッドランド ソーサウンド Neo盆踊り

   よそ行きの顔でなくSDGsを本当にどう考えているか。

   高校生:存在の遠さ

   意識低い系大学生:食堂のメニュー~浅い知識

   意識高い系大学系:SDGsのありかたや企業での重要性などへの意識あり

   学校でもSDGsをあつかった講義もあるが広く浸透はしていない

   若者の意識として、今外に出す(表現する)ものは人間の活動が地球への影響を考る

あえて話さなくても前提としている。

【Q&A】

・SDGsとして何を選んでどう考えるかというようなことを気にするが、

 フェスの体感からスタートするのが素晴らしい。

・若い人から見たときに企業や大人をどう感じているか。

 ⇒大企業からの発信の影響力が大きい、心の操作しやすい、規模もでかい。

   企業には企業、アートにはアートのできることがある。

みなさま発表ありがとうございました!

3)ディスカッション

「社員一人ひとりがSDGsを自分事として取り組むには」

グループA

・うらやましいのは有志が楽しくやれるところ

・業務との兼ね合い、調整、成績評価

・小さくまとまってしまう、結論を求める

・楽しむ、体感する、感性感情の部分から入る

・リードはするも何のためにやるか、業務での信頼を踏まえた人間性重視

・空気が変わった瞬間は、想いを伝え続けたあと遠慮をなくしたとき

・若者のフラットさ、知識や共有をオープンに対応できる

・ゆるいところから入ってわちゃわちゃしながらプロヘクトが起きる

グループB

・うらやましい、絶望的。

・一方で若い人がSDGsを考えてくれてる、そんな人が入ってくれているのに

 その人たちの考えをつぶしてしまっている。そこへの対処が必要かも。

・楽しんでやるにはどうするか、がポイントと感じた。

・半径3mでハードル下げて考えたり、手を付けられるところからやるのも

 あるのではないかと感じた。

4)女性活躍推進に関するディスカッション

グループA

・活動が止まっているところもある

・「女活」でなく「総活躍」と言い方を変えている

グループB

・意識改革(アンコンシャスバイアス除去)をそれとなく仕掛けていく

 女性セミナーを4年実施、幹部前女性対象、好感触

・夏に女性キャリアセミナー開催予定、女性はリアル参加

 育休/短時間ガイドブック作成中、幸せな職場

・ポスティングが女性を上げやすくなった感じがする

 飛び級で上げられるケースもあり。

※女性活躍推進についてはまだ話足りないので次回ぜひやりましょう!

Follow me!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL